官能小説家はアリスを好む

官能小説家はアリスを好む

望月蜜桃

 作者 : 望月蜜桃
0.0

    この作品を評価する

  • あらすじ
    「なんでこんなにドキってするの?」箱入り娘のアリスは、自立のために住み込み家政婦をすることに。働くのは叔父の友人・柴谷千草の家。アリスは最終テストを受けるが、一般的な家事...はクリアしたものの、エロ小説の朗読という特殊な試験に赤面してしまい、千草に不合格を告げられる。彼は官能小説家だったのだ。アリスがあまりに必死で食い下がるので、千草は理由を聞くことに。話を聞き終わった千草はアリスの真剣さを認め、笑顔で採用を告げる。そうしてアリスは家政婦として千草の家に住み込むことに。こんなに自分の気持を聞かれたのも、受け入れられたのも、はじめて…。千草の笑顔を思い出し、アリスは顔が赤くなるのを感じていた。

【16話】


このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル