本能で俺を感じろ〜陶芸家のとろける指使い〜

本能で俺を感じろ〜陶芸家のとろける指使い〜

夏本夕子

 作者 : 夏本夕子
0.0

    この作品を評価する

  • あらすじ
    「ぬるぬるして気持ちいいだろ?」初めての陶芸、ろくろを回しながら土の感触に浸っていると、後ろから長い指でカラダをいじられ…トロトロになったナカに熱い舌が…!――失恋をきっ...かけに自分を変えようと田舎にやってきた真愛美。ところが、隣に住んでいたのは自由奔放な天才陶芸家だった!?「お前の体、創作意欲がかきたてられる」そう言っていきなり押し倒され…「セックスは動物の本能だ。何をそんなに嫌がる?」この男、ヤバすぎでしょ…!!「陶器のようなキレイな肌だ」獣のように襲われるかと思いきや、甘い声で囁かれ…こんなの嫌なのに…どうして、抵抗できないの!?

【21話】


このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル