僕がモブであるために

僕がモブであるために

目野真琴

 作者 : 目野真琴
0.0

    この作品を評価する

  • あらすじ
    「俺が“モブ”として輝けるようにこのマンガを変えてやるよ!」 『どっきん☆パイナポー』という少女漫画で、主人公のクラスメイトとして「モブ」をしている中田潤一。しょうもない...作品内容に憤りを感じる彼が手に入れたのは、自分が載っている漫画の原稿!?  自分がモブりたいと思えるような、重厚で深みのある作品に改変することを決意するが、なかなか思うようにいかず…。正しいやり方は何なのか、それがこの漫画で分かるまで、自らの手で原稿を描き変え続ける新感覚ギャグストーリー、第1巻!!

【16話】


このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル