セクシャルレッスン

セクシャルレッスン
0.0

  • あらすじ
    朝。いつもより一本早いバスに乗った私は痴漢に遭った。しつこくお尻を揉んでいた手は、お尻の割れ目に移動し、やがてアソコの方へ。痴漢は私のパンツを下げて直接触ってくる。指は一...番敏感な部分を刺激し、そして中に浸入する。意思とは無関係に濡れたアソコは湿った音を立てた。周りの人に聞こえちゃう。イヤなのに、感じちゃう。こんなたくさんの人の中でイカされちゃう……!絶頂の余韻に震えていた私は痴漢に声をかけられた。「淫乱だなぁ石塚は」。どうして私の名前を知っているの……!?
まとめ買い
まとめ買い:500pt
【10話】

このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル