ときには娼婦のように

ときには娼婦のように

もりたじゅん

 作者 : もりたじゅん
0.0

    この作品を評価する

  • あらすじ
    男に裏切られて一人ヤケ酒を喰らっていたバージン・和子と、友人の頼みで愛人バンクの女の相手をせざるを得なくなった超硬派な鶴見。互いの言葉足らずが誤解を重ね、数子は鶴見に愛人...バンクの女だと勘違いされたままホテルの部屋に連れ込まれる。互いに互いを誤解したまま、結局は何もせずに別れた二人だったが、そんな二人が「新人女性編集者」と「副編集長」と言う立場で再会する事になってしまい…!?
まとめ買い
【5話】

このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル