惡の華

惡の華

押見修造

 作者 : 押見修造
0.0

  • あらすじ
    危篤の祖父を見舞うため、3年半ぶりに故郷へ戻ってきた春日(かすが)。しかし、夏祭りの事件以来、初めて姿を現した春日を親類たちは疎む。決して戻らない人間関係を感じつつ、祖父...の葬儀に参加する春日の前に、かつての級友・木下(きのした)が現れる。過去の自分に決着をつけるため、木下と話すことを決めた春日。そこで、未だ過去に囚われ続ける木下は、春日に問う。「仲村(なかむら)が今いるところ、聞きたい?」
まとめ買い
まとめ買い:500pt
【10話】

巻リストに戻る

このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル