ジパング 深蒼海流

ジパング 深蒼海流
0.0

  • あらすじ
    かつて、ふたつの“力”がぶつかり合い、現代へと繋がるこの国を形作った。かわぐちかいじが壮大なスケールで描き出す、もうひとつの“ジパング”。時は平治元年(1159年)。源家...嫡流の証・源太産衣(げんたがうぶぎ)――父・源義朝(みなもとの・よしとも)から授かったこの鎧を纏い、初陣へ臨まんとする頼朝(よりとも)が思い出していたのは、父に連れられて泳いだ伊豆の海だった。日本人とは何か。すべての日本人に向けて問う、ジパング第二章、開幕!!
まとめ買い
まとめ買い:500pt
【10話】

巻リストに戻る

このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル