なぜか義妹とHの練習!?〜声でちゃうからナメすぎないでっ〜

なぜか義妹とHの練習!?〜声でちゃうからナメすぎないでっ〜

竹下けんじろう

 作者 : 
0.0

  • あらすじ
    「ズルい! あたしばっかりイかされてる!」――大切な試験を目前に控える俺。だが、隣の部屋から聞こえてくる妹のひとりHの声がうるさい! イラだって注意しにいくと、「二人です...るのが怖くて、一人でしてるの!」と妹は逆ギレ。そのうえ、なぜか俺は妹と『Hの練習』をすることに!? ピンと起った乳首を転がしたり、ピンク色のワレメに舌を這わせたり…妹の初々しい反応が可愛くて、ついつい俺も調子に乗っちゃって…。
まとめ買い
まとめ買い:300pt
【6話】

このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル