テメーのその目は反則だッ!!

テメーのその目は反則だッ!!

ミツハシトモ

 作者 : ミツハシトモ
0.0

  • あらすじ
    「…ダっダメだ…この目を見ると体が勝手に―…あああっ!!」幼馴染の桃花をフった桐生怜司は学校創設以来の天才児。ここは自他ともに認めるヤンキーの俺、吉田明良サマが一発シメて ... やろうとヤツを呼び出した…が!!大勢が見ている前で『催眠術』を掛けられ勃起した俺は奴の指1本にあっさりとイカされて―…!?「今からお前をコイツで女にしてやるよ」その上「マ●コになる」と催眠術を掛けられた俺の尻はヤツのチ●コでトロトロになるまで突きまくられ、頭ん中がまっ白になるような快感を植えつけられてしまい―…嘘だろ…なんでそんなとこが気持ちいいんだよっ!?こんなのありえねぇ!認めねぇ…っっ!!さらにエスカレートする桐生の『催眠調教』にこのままじゃ…いつか俺は本当の女にされちまう―…っ
巻リスト
【10巻】


このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル