薄花少女

薄花少女

三浦靖冬

 作者 : 三浦靖冬
0.0

    この作品を評価する

  • あらすじ
    ぼっちゃまのため、ばあやは少女になりました。   一人暮らしの古糸史(こいとふみ)の家に、ひとりの少女がやってきた。二十代も半ばの彼にむかって、ぼっちゃまと呼びかけるその ... 少女。自らを史の実家で家政婦をしているハッカばあやだと名乗るが、ハッカばあやこと夏焼鳩子は、御年数えで八十歳。目の前の少女は、せいぜい小学二、三年生。どうみても、ばあやのはずはないのだが。若返ったおかげでぼっちゃまのお世話ができると、本人はいたって気楽な様子。   少女で老女、老女で少女のハッカとぼっちゃま。どちらにせよ年の差な、ふたりの共同生活が始まります。
巻リスト
【4巻】


このコミックを買った人はこんなコミックも読んでるよ
関連ジャンル
おすすめジャンル